軽自動車を車買取を使って高く処分する

車査定の際に気を付けるべきポイントとは

家の次に高い買い物と言われているのが車です。せっかく高いお金を出して買った車は、1円でも高く買ってもらいたいですよね?車を1円でも高く買ってもらうには、実は様々な注意点やポイントが存在する事をご存知でしょうか?この事を知らずに損をしている方、結構たくさんいます。そこで今回は、車査定の際に気を付けるべき「ポイント・注意点・高く買ってもらうための段取り」などを、項目別にご紹介したいと思います。新生活を前に車を買い替える予定の方・事情があり車を手放す必要がある方・今すぐ現金が欲しい方など、車を査定する予定がある全ての方必見です!

 

・下取りよりも買取

一般的に車を買い取ってくれる所と言えば下取りを思い浮かべますが、実は下取りをしてくれるディーラー(車の販売店)は買取りについて「あまり力を入れていません」。そもそも下取りとは、次に買う車が決まっていて、査定してもらった車の査定額を次に買う車の代金から差し引く事を指します。そのため、下取りと買取では車を査定する基準が違い、同じ年式・車種・走行距離・装備品を比較しても査定額に差があります。これらの事から、車を高く買い取ってもらう事が目的なら、下取りよりも買取が向いています。

 

・こまめな点検や清掃

査定をしてもらう車は、点検・清掃を行っていますか?実は、査定をする担当者(査定マン)は真っ先に「査定する車が綺麗かどうか」を確認します。併せて、定期的な点検(車検以外)を行ってメンテナンスにぬかりが無いかもチェックします。これは、買い取った車を中古車オークション・自社の販売店に回すなど目的は違えど、汚れている・整備されていない車は売れないと判断しているからです。言い換えれば、点検と清掃が行き届いている車は、高く買い取ってくれる可能性があると言う事です。そのため、少しでも調子が悪いと感じたら早急に点検を行い、車内や外観などの清掃を欠かさない様にしましょう。

 

・担当者とのコミュニケーション

買取専門業者に査定を依頼した・車も点検・清掃したなど準備が整ったら査定をしてもらう訳ですが、実は1円でも高く買い取ってもらうには最も重要なポイントがあります。それは「担当者とのコミュニケーション」です。査定を行ってくれる査定マンは、中古車査定の基準表を基に査定を行いますので、極端に査定額が変わる事はありません。しかし、査定時に丁寧な対応をすれば担当者からの評価も上がり、結果的には高額査定に繋がる事があります。実際、10年以上・20万キロ乗った車でも30万円の査定が出た例もあります。担当者も人間です、基本的なコミュニケーションを心掛けて、高額査定を狙いましょう。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ