軽自動車を車買取を使って高く処分する

査定マンが見ている愛車のチェックポイントとは

就職や進学、引っ越しや転勤などで車を査定に出す事も、長くカーライフを送っていたら行う事もあります。また、車検が切れた・運転免許を返納して車を運転する機会が無くなったからなど、車を査定に出すきっかけは様々です。そして、査定を行うのが「査定マン」と呼ばれる車買取店の担当者です。では、査定マンは実際に査定を行う時は「どこをチェックポイント」として見ているのでしょうか?
そこで今回は「車査定の際、査定マンが見ている愛車のチェックポイント」とのタイトルで、これから車を査定する予定する方はもちろん、家族や友達などが近々車の査定をする予定の方も知っておくと役立つ情報が満載です!

 

・清掃が行き届いているか

査定マンが真っ先にチェックするポイントは、意外にも「清掃が行き届いているかどうか」です。査定を行った車の行き先は買い取った業者によって違いはあります。買い取った後に中古車オークションへ出品する・自社で販売する・海外へ輸出するなどです。その際に、清掃が行き届いている車だと業者側で清掃をあまり行う必要がないので、好印象を持たれます。清掃する箇所はボディ周り・タイヤ(ホイール)・室内(シート・マット・ダッシュボード・トランクルーム)などですが、エンジンルームも意外に忘れがちになるので注意しましょう。自分で洗車する時間がない場合は、査定前にガソリンスタンドなどで洗車をしてから査定に臨みましょう。

 

・装備品が正常に作動するか

清掃が行き届いているかをチェックした後は「装備品のチェック」に入ります。純正品パーツはもちろん、自分で取り付けたカーナビゲーションやオーディオ、後部座席モニターや電動スライドドアなどのオプション品もチェックポイントに含まれます。それぞれが正常に作動しないと、高級車でも査定額が上がらない可能性が高いです。ちなみに、購入した時に取り外した純正品は「査定時には持参・取り付けておく事」も重要です。

 

・必要書類は揃っているか

車を売却する時には、様々な書類が必要です。車の書類はダッシュボードに入れたままの方が大半だと思いますが、念のために確認しておきましょう。必要書類も査定マンがチェックするポイントで、紛失などで書類が揃わなかったら査定額に影響が出ます。必要書類とは、「車検証・自賠責保険加入証書・納税証明書」などがありますが、自分で取り付けたカーナビゲーションなどがあれば説明書も必要書類に含まれます。

ホーム RSS購読 サイトマップ