軽自動車を車買取を使って高く処分する

高額車査定のために査定マンとの交渉の仕方

長く乗った愛車を手放す時、どこに依頼しますか?ディーラーや車買取店、最近ではガソリンスタンドやカー用品店でも車の買取査定サービスを行っているので、以前に比べて車査定のハードルが下がった漢字がします。しかし、車査定を行う時に、査定マンを目の前にすると緊張して、査定マンの言うままに査定をしてもらい高額査定を逃して後悔してしてしまった経験がある方は多くいます。高いお金を出して買った愛車は、最後も高額査定で次のオーナーに引き渡したいですよね?そこで今回は、「車査定の際、高額査定を狙うための査定マンとの交渉のやり方、交渉術」と題して、査定マンの言い回しにも負けない高額査定を引き出すためのテクニック・交渉のポイントなどをご紹介します!

 

・ディーラーに下取りは出さない

査定マンとの交渉術をお伝えする前に「ディーラーに車査定を依頼しない」事を強くおすすめします。理由は簡単で、そもそもディーラーは、次に購入する車が決まっている場合にお世話になる所であり、車査定にはあまり力を入れていません。そのため、下取りをしても驚く程の低い査定をしてきてショックを受ける事もあります。そうならないためには「車買取専門業者」に依頼して、査定で受け取ったお金を購入資金に充てる事がポイントです。

 

・他の買取業者も検討中である事をやんわり伝える

現在、日本国内で営業している車買取業者は、テレビCMなどで見かける大手を合わせると相当数に上り、それ以外にも地域限定の買取業者も存在しています。それぞれの買取業者には「査定マン」と呼ばれる担当者が存在しています。この査定マンは「中古車査定士」の資格を持った車査定のプロです。このプロの査定士に負けずに高額査定を勝ち取るには、査定を受ける前にまず「他の買取業者も検討している」と伝えます。この一言で、査定マンは目の前にある車を買い取って自分の評価を上げたい・他の買取業者にこの車を渡したくないとやる気が出てきます。また、3月は就職や転勤・9月と12月にはボーナス時期が重なり車査定の依頼が増える時期でもあると同時に、査定マンも自分に課せられたノルマを達成するため、普段よりもこちらの希望を聞いてくれる可能性が高い傾向にあります。そのため、他の買取業者の存在をちらつかせることがポイントです。

 

・紳士な態度が高額査定につながる

ある程度の査定基準があるとはいえ、査定マンも人間なので「良い印象の人には高評価を付けてあげたくなります」。具体的には、程度や手入れが行き届いている車でも、横柄・威張った態度をする依頼主には評価を上げたくありません。言い換えれば、態度が良い依頼主には「もう少し頑張ろうかな」と思い、予想外の高額査定を手にする時もあります。そのため、感じの良い態度で車査定に臨む様にしましょう。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ